占導師幸輝 プロフィール

10348635_746627408740607_1478643886430524862_o

占導師 幸輝

 

 

四国霊場の陰陽師の末柄。
祈祷師である祖母から幼年より精神世界についてを学び、その道を30年前より歩み始める。祖母の教えであった両手の相を観て当てる、手相鑑定師として活躍する傍ら、それのみに留まらず、占術の世界を深めてゆく。10年前、その的中率から師事したお師匠様に、占って導く『占導師』という位を拝受する。決して、巷でいう『よく当たる占い師』ではありません。『未来を創る占導師(先導と兼ねています)』です。

現在は、千二百年前から伝わる【四維八干】という命術を基に、自身で編み出した人と人とのご縁を鑑定する【御縁鑑定】にて鑑定を行っている。
依頼は企業の経営者から大学生までと幅広く、相談の内容も、縁結びから家族関係、復縁、転職、就職、起業、会社の繁栄についてなど多岐に渡る。
人と人との『何かのご縁』を目に見える形にした『御縁盤』で、出会い・別れの一瞬一瞬の意味を持ったエネルギーを表し個々それぞれが生まれながらに持つ『氣質』『運氣(バイオリズム)』『手相』等を基に悩み、迷う人々の『幸せへの方位』を示して導き、依頼者自らの手で望む未来を手に入れる事に重きを置く。

全国を廻りながら『我相観導』の活動を行っている。

我相観導とは 己の相(人生)を観る力(予言)、そして相(人生)を変える力(導き)を身につける能力をいいます。
我相観導の能力には、個人差が出ますが基礎知識を身につけることで 予言力・導く力を高めることが出来ます。