占導師って?

未来を『知りたい人』は、【占い師】へ。
未来を『創りたい人』は、【占導師】に。

【占い】の多くは「出来る・出来ない」「吉・凶」「良い・悪い」などの未来を予言し、皆さんにお伝えします。
しかし、その手軽さゆえに経験の浅い【占い師】によっては依頼者を傷つけたり、むやみに恐怖心を抱かせてしまうものもあります。
また、悪い結果が出ると努力をしないまますぐに諦めてしまったり、反対にいい結果がでると安心して怠惰になり、望んだ未来を手にすることが出来なくなったりしてしまいます。
さらに、占いによって依存や他力本願になってしまう方も少なくありません。

【占導術】を用いる【占導師】は、依頼者の過去現在を観て今からどのように生きたらよいか、望む未来に転換するにはどうしたらよいかの心構えをアドバイスします。
依頼者が明るい未来に前向きになり、努力し、自らが幸せを掴めるように【占導】するのが【占導師】の役割なのです。

s-u-2

なぜ今、【占い師】ではなく【占導師】なのか?

【占導師】は『当たるも八卦。外すも八卦。』を本来の意味として捉え、自分を知り、自分で未来を変え、創っていくことができます。

世の中には様々な【占い(命術など)】がありますが、今の世のほとんどの【占い】が未来や過去を予言し、当てるだけになってしまっています。
性格や過去を当てるという行為は、現状を再確認するということでは意味のあるものですが、氣が抜けてしまい、本来ある気力が低下して運気も下がってしまいます。それだけでは未来を幸せにすることはできません。

私たちは必ず誰かと関わりを持ち、その誰と関わるかで人生は決まります。
どんなタイミングであれ、陰(マイナスの捉え方)と陽(プラスの捉え方)の転換が出来る術を知れば、思い通りの人生に変えることが出来るのです。
【占導】を通じて、今まで観えていなかった色々な【氣付き】が起きます。
この【氣付き】は、あなたの未来を創ることができる、【あなただけの氣付き】です。
あなたのこれからの人生に関わる家族、ビジネスパートナー、友人とのコミュニケーションツールとしても活用ください。

公認資格制度

日本占導師協会では、当てるだけの【占い師】ではなく、理想の未来へと導く助言を行う【占導師】の公認資格の認定を行なっております。
鑑定師としての独立起業や教育現場への応用も可能な公認資格で、占導師の活躍は幅広い分野に広がっています。

syosai