新商品発売!12/8《観導風水》幕開け式&基本のキを開催しました!

【陰陽師の教え】に、また新しい1ページが刻まれました。

 

その名も《観導(かんどう)風水》

 

「風水」は、テレビや書籍でも特集が組まれるほど人気コンテンツなので、誰にもなじみがありますよね。

何かしらの風水アイテムを取り入れている方も少なくないと思います。

 

でも実は、その歴史を紐解くと、【陰陽師】が代々受け継がれてきた学問が源流となっているのです。

 

観導風水とは?

人は生まれもった【宿命】、そして土地などの【環境】によって影響を受けています。

 

 

例えば、

神社や滝などのパワースポットに行くと、気持ちが清々しく、心が洗われるような気分になりませんか?

 

反対に、

なぜか気持ち悪くなったり、気分が落ち込んでしまう場所というのも心当たりがあると思います。

 

 

つまりこれは、私たちが【環境】によって影響を受けている証拠なんです。

 

これは【風水】という学問によって脈々と受け継がれてきました。

 

『観導風水』は、平安時代から陰陽師に伝わる風水・家相を紐解き、現代の住宅事情に合うよう再編成した独自の学問です。

 

12月8日『幕開け式&基本のキ』

「128(一番のつながりを紐解く)」という【12月8日】、この陰陽師の流れを汲む《観導風水》が、いよいよ解禁となりました!

 

陰陽師の末裔である占導師幸輝とともにこの【観導風水】を紐解いたのは、占導師 幸人(ゆきと)

 

まずは、占導師幸輝から幸人へ、自身が所有している貴重な書物の受け渡し式。

この瞬間、《観導風水》の封印が正式に解かれました

 

この書物は占導師 幸輝が先祖から代々受け継いできたもので、陰陽師の教えがぎっしりと詰まっている、大変貴重な書物の数々です。

 

これを受け渡すということは、《観導風水》の伝道師として、幸輝が正式に認めたという証。

 

そして、今まで公にされてこなかった《観導風水》のヴェールがついに明かされたのです。

《観導風水》について熱く語る占導師 幸人

 

そして最後には、《観導風水》の肝である『鬼門封じ』に欠かせないアイテム

 

【鬼門封じ 銀猿(ぎんざる)】

 

がお披露目されました!

鬼門封じ 銀猿

 

「鬼門封じ 銀猿」とは

陰陽師流の風水では、特に魑魅魍魎たちが現れる「鬼門(北東・艮(うしとら)の方角)」を重視しています。

 

鬼門(北東)が凶相になっていると、家族や親戚、不動産、相続、財産などに関する災いが起きやすくなるとされています。

 

不浄を防ぐために鬼門を封じることが要となるため、鬼門封じとなる「銀猿」は《観導風水》の中でも最も重要なアイテムの一つとなります。

 

【数量限定】初盤は限定御札付き

新発売を記念して、初盤は

 

陰陽師の末裔による御札「鎮鬼怪不侵符」(ちんきかいふしんふ)

 

の特別バージョンが付いています。

「銀猿」と「鎮鬼怪不侵符」

 

 

占導師 幸輝によるお払い式で邪氣を一掃

この日のもうひとつの見所は、占導師 幸輝による”生”お払い式。

 

邪氣払い、鬼門封じとして欠かせないアイテム『鬼門封じ 銀猿』と『輝きのしお』をお払いすることで、よりクリーンになった商品を皆様にお届けします。

 

(その場にいた方の中には祈祷中に「魂が宿った」瞬間を感じられた方もいらっしゃったようです)

 

ただならぬ緊張感の中、お払いは滞りなく進められました

 

《観導風水》の動画はまだ視聴可能です!

受け渡し式やお払いの様子、そして《観導風水》についての基本のキ、「鬼門封じ 銀猿」の詳しい説明や使い方を知りたい方は、『占導チャンネル』でご覧いただけます。

 

(12月8日の幕開け式&セミナーがそのままご覧いただけます!)

 

 

■視聴代金:3000円(期間限定)

※「陰陽六行メンバーズクラブ」のご登録が必要です。

 

 

陰陽師の流れを汲むこの風水の歴史や奥深さは、まだまだ伝えきれないこともたくさんあります。

 

これから皆様に、少しずつお伝えする機会を増やして行きたいと思いますので、どうぞ楽しみにしてくださいね。